納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

2016年09月26日

【思い通りの葬儀ができる?…「生前契約」の落とし穴】という記事

【思い通りの葬儀ができる?…「生前契約」の落とし穴】という記事

これはご寺院さま向けの記事です。

読売オンラインさんの記事。
思い通りの葬儀ができる?…「生前契約」の落とし穴

この記事で知ったのですが。
1997年に東京都が発行したハンドブックがあるようです。
今から約20年前に発行された冊子ですね。
東京都生活文化局発行
『わたしたちのデザイン─葬送─』
私はみたことがない冊子です。

読売オンラインさんの記事によりますと。
そこには。
(1)葬儀の内容を詳細に決める
(2)費用の支払い方法を明確に定める
(3)それらを記述して生前に契約書を取り結ぶ
3条件がそろった場合としている。
と書かれているようです。

1997年ですと。
約20年前。
楽天さんが開業した年のようです。
ネット通販はまだなかった時代。

当時はインターネットの普及率は低い。
携帯電話もようやく文字が送信出来るようになった頃です。
ネットやスマホが発達した現代。
僧侶派遣サービスのサイトが出現してこようとは想像もつかなかったでしょうね。

しかし。
葬儀のありかたが変わって来るという事は予見されていたようです。
なのでこのようなハンドブックを発行されたのでしょうか。

来年は2017年。
『わたしたちのデザイン─葬送─』
20年の時を経て2017年版をリリースして欲しいですね。

そこでご提案なのですが。
葬儀の生前契約は。
葬儀社さんではなくご寺院さんにお願いする方法も加えていただきたいと思います。

菩提寺がある、なしにかかわらず。
後継者が居ないので檀家にはなれないけれども。
自分がなにかあった場合はこうして欲しい。
と、ご寺院さまにお願いをする。
方法を加えていただきたいと思います。

各、ご寺院さまにおかれても。
檀務に余裕がある場合は。
そのようなご相談にものっていただきたいと思います。

カテゴリー:ご寺院経営について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加