納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

合祀埋葬供養

お葬式は終えたけれども納骨する場所がないと言う方に。合祀納骨供養と言う方法を選択肢として考えていただきたいと思います。現在では散骨と言う方法も増えて参りました。しかし、主たる部分を散骨してしまうと礼拝の対象物を失います。供養を脈々と続けるには手を合わせる礼拝の対象が必要と考えています。(株)ピースフルでは合祀納骨供養をご提案しています。

詳しく読む

寺院経営コンサルティング

(株)ピースフルでは経営コンサルタント業務も行っております。
現在、小規模御寺院様に限り業務を行っております。

詳しく読む

特許、商標権の維持管理

特許取得した墓地の施工方法と墓石
発明の名称
「お墓の施工方法及び墓石」
特開2015-098684

登録商標
第5657589号
ひとり静か®

自社の特許、商標権の維持管理業務を行っております。

ピースフルの提案

近年では、インターネットの普及や少子高齢化などの人口環境の変化により、宗教や葬儀に対する考え方が変わりつつあります。
たとえば50人~300人規模の葬儀はもちろん、家族葬も行わず直葬(火葬)のみとといった考え方や、供養に関しても菩提寺や墓地もないので遺骨に関してはすべてを散骨してしまうなど、宗教者から見て大変驚く様な変化も見られるようになりました。

私たちはこの様な変化が、やがて先祖代々受け継がれ守られてきた伝統から離れ、このままでは供養する気持ちすら、時代とともに薄れてしまうのではなかろうかと危機的に感じていたことから、それならば布教に努める寺院経営をサポートし、仏事を通じて心豊かな暮らしを営むために貢献をしようと設立した会社です。

image

(株)ピースフルどのような目的で設立したのかを説明をさせていただきたいと思います。以前、お葬式は終えたけれども埋葬場所に困っていた方に埋葬場所のご紹介をさせていただいた事がありました。それが始まりです。埋葬場所が決まった時にその方が「これで安心だ。ありがとうございました。」と言うお言葉を頂戴しました。それが今でも心に強く残っています。私達には大きな事は出来ないです。しかしどなたかに「これで安心だ。」と思っていただける仕組みを作れたら。と考えて、現在に至っております。

(株)ピースフルではお葬式に関して次のように考えています。近年では、少子高齢化などの人口環境の変化。またインターネットの普及も一因となり、宗教感、埋葬供養、葬儀に対する考え方、先祖を敬う心、色々と変わりつつあります。たとえば従来執り行われてきた50人~300人規模のお葬式は減少傾向にあると思います。その反面、規模を縮小して家族で見送るというお葬式、家族葬のケースが更に増えていくと思います。また、亡くなっても生前に住み慣れた自宅には帰る事無く、病院から安置所、安置所から火葬場へ直行するお葬式のスタイルも今後更に普及して行くと思います。また、宗教者を招かず無宗教で通夜・告別式を行うお葬式も増加傾向であると思います。

また、近年散骨供養する方が増えてきて居られるようです。弊社ではご遺骨の一部を故人が生前縁あった場所に供養の儀式として一部を散骨する事は大変素敵な事と思います。しかし、ご遺骨の主たる部分を散骨してしまうと後々の供養礼拝の対象物として墓地に納骨供養する事が必要なのです。散骨は自由に解き放たれる感じがするかもしれません。しかし、手を合わせるという礼拝の対象物と言うものは必要です。場所的にもそう遠くない場所の方が良いと思っております。

お葬式、納骨供養に関する事の変化の原因は景気低迷による先行きの不透明感から。また大変な費用のかかるお葬式や個人墓地を所有して遺骨を埋葬供養する事などが、対費用効果の面から敬遠されはじめたのではなかろうかと思います。私たちはこれらの変化が、やがて先祖代々受け継がれ守られてきた伝統から離れていく。また、ご供養する気持ちが、時代とともに薄れてしまうのではなかろうか。と危機的に感じておりました。

それならばまず、費用の少ない埋葬場所を誰でも得られる仕組みを作ろう。そして世間に広く広報する。そして、布教に努めるご寺院さま経営をサポートする。サービスを利用いただいた皆様には仏事を通じて心豊かな暮らしを実感していただく。(株)ピースフルでは社会にそんなご提案を出来ればと思っております。