納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

納骨 おすすめをご紹介 納骨供養をサポートする 株式会社ピースフル

弊社が考える散骨

私たちは、納骨供養についてお問い合わせを頂いた際に、すべてを散骨するのはどうかとのお問い合わせに対しては、本来の供養を考えた場合すべてを散骨することはおすすめできませんと返答しております。

日本では散骨に関する法律は整備されておらず「墓地、埋葬等に関する法律」(埋葬法)が制定された1948年当時は、散骨のような埋葬方法について想定されていなかったため、現在は法律の対象外として解釈されています。

1991年に、当時の厚生労働省及び法務省より葬送のための祭祀として節度をもって行われるかぎり遺骨遺棄罪に該当しないと発表されて以降、埋葬法は散骨を禁じたものではないという見解になり、散骨がビジネスとして扱われる様になってしまいました。

寺院では一霊に対し戒名を授与し無縁仏とならぬよう永続的に供養をすることが目的ですが、すべての遺骨を散骨してしまっては本来の供養ができなくなるばかりか、山への散骨では場所により登山者や獣に踏み荒らされてしまったり、海水浴場や海産物の養殖場などでは散骨はマナー違反となってしまったり、土地の地権者に了承を得ていなかった場合にはトラブルになってしまう場合があります。

また、残された私たちにある気持ちとしても、ご遺骨がなくなって本来の供養ができなくなって後悔する事があったり、遺族の中で散骨に否定的な考えがある場合は、親族間によるトラブルとなる場合もあります。

私たちは、すべての遺骨を散骨してしまうのではなく、故人の思い出の場所へ一部の少量の遺骨を散骨することは、節度をもった正しい散骨供養であると考えます。